【全力受験少年】成績を本気で伸ばすなら、くだらないプライドをぶっ壊せ!

受験生の皆さん、こんにちは!

東大蹴り社会人のWATASHIですm(__)m

私のブログでは

入試問題の解答・解説

受験合格に必要なマインド

受験から見える社会問題

について、様々な観点から情報発信しております。

今回は、圧倒的成績を修めたい受験生が一番捨てるべきモノについて深く語りたいと思います🫡

まず結論から言うと

くだらないプライド

です。

もう一度言います。

くだらない」プライド

です‼️

敗北を繰り返すと、無力な自分が情けなくなるでしょう…

不出来な状態が続けば、自分を無価値に思うこともあるでしょう…

でも、思うこと自体はいいのです。人間は無感情の機械ではありませんからね〜💔

では、何が問題か?

それは

自分の感情に蓋をして、本心から目を背けること!

(https://www.ac-illust.com/main/search_result.php?word=知らんぷりより引用)

18歳前後の受験生なら、言われずともわかってはいると思いますが、人前で強がっても中身(スキル)は一切改善しません!

というか、時間の無駄です✋

成績を伸ばすことが主目的なはずなので、主目的への挑戦心が感情に負けるのは本末転倒なのです。

you tube配信もしてます。相乗効果でさらに理解を深めてください✊

では、どうやって今より自分を成長させるのか?

1:「全力受験少年」を目指す

それは、全力受験少年を目指すことです☝️

ちなみに、受験勉強1本のガリ勉になれという意味ではありません!

まず、くだらないプライドを捨てたくなる歌でも歌いますか(ぉぃ!

積み上げたモノ(プライド)

ぶっ壊して〜👊

身につけたモノ(固定観念)

取っ払って〜

止めどないガチ勉で

A判の成績潤せ〜‼️

はい、2005年リリース、スキマスイッチの「全力少年」の変え歌です🎵

私、実はyou tubeサブチャンネルで趣味のカラオケ動画を投稿するくらい歌好きなのです🎤

なので、メインの受験ビジネスでも積極的に替え歌を仕込みます(笑)

「どうしたらいいんだ〜」と頭を抱えている受験生がまずスベキコトは

負の感情に左右されず、冷静に事実を受け入れること。

負の感情を誘発する環境からまず逃げること。

負の感情、原因の大半は人間関係や競争社会に曝されることにありますからね…

心に不安と葛藤を抱えながらガリガリ勉強しても、望ましい成果は出ません。絆(ほだし)は集中力を削ぎます。

まずは心をクリアにしましょう

立ち止まって思考して、クリアな心で失敗を分析して次に繋げる

これが非常に大事。「いかに精神的ゆとりを持つか」「いかに楽な方法に持ち込むか」を考えるのも、結果を出す姿勢としては立派な「全力」だと思います✊

心をクリアにすべく

劣等感を刺激する環境を断ち切ることが何よりも重要なのです🚩

2:プライドによる2大損失

まず、くだらないプライドがもたらす2大損失の正体を明かしますと

それは…

成績アップが阻害される

学習のチャンスと経験を逃す

読者の皆さんは、私が以前から述べている「成績の公式」を覚えていますか?

(成績)=(質)x(量)x(マインド)2

というやつです☝️

プライドは別にあってもいいと思うんですよ…それが圧倒的成功,圧倒的自信に繋がるものであれば!

しかし、圧倒的存在にない方(むしろ冴えない方)のプライドはほぼ「くだらない」方のプライドだと思います。そして、プライドに固執する方は強い劣等感が深層心理にあります。

(https://www.irasutoya.com/2016/01/blog-post_527.html?m=1より引用)

そして、どうして強がり系の「くだらない」プライドが割と勉強が得意な受験生に生じてしまうのかと言うと…

無力な自分でも、評価,賞賛された機会に乏しいから

実績を出すために必死になった過去があるから

ではないかと思います。

プライド高い奴はダメだという気はありません。こうなる外的環境にも原因があるのだから。

彼ら(彼女ら)も幼少期に辛い思いをしたから、こうなるのも無理はないのだろうと私は思います。

勉強もダメ、運動もダメ…「自分なんてその程度だから頑張っても仕方がない」と最初から諦めている人はこうはなれないのです。

いい意味で「成長意欲がある」、悪い意味で「極度の負けず嫌い」という感じ。

客観的に「この人いけてないわ」と思われる風貌だけど勉強だけは得意な方にこのような傾向が強いのです。

勉強で挽回して、承認されたい

昔のように、他人から見下されたくない

ただし、それなりでなく圧倒的な結果を出すならば、考え方を変えなければいけません‼️

そのために邪魔になるのが、劣等感を誘発する環境です。

生まれ変わるには、まず不要物の断捨離‼️

3:本物の「全力」を出せ!

受験生が通常思う全力は

長時間、忍耐強く勉強すること

でしょう。

いわゆる「ガリ勉」てやつですね。

どうも〜、ただのガリ勉で〜す!

(https://www.irasutoya.com/2019/01/blog-post_59.html?m=1より引用)

でも、それじゃダメなんですよ!

第一目的は何でした?

長時間勉強することでしたか??

結果を出すことでしょ☝️☝️

圧倒的成果を出したいなら、つべこべ言わず全力で1万時間やれ‼️

このような文言が以前から飛び交っていますが、私も同意です。そりゃ、圧倒的成果を出すには他多数と同じことを考え同じ時間勉強しても差別化できないから🥱

しかし、私がより重視するのは

1万時間より「全力集中」の方です‼️

1万時間勉強して受かるから

なんで世の中に10浪,20浪レベルの医学部多浪が存在するのか?って話ですよ🤥💨

東大理Ⅲはともかく、地方医学部レベルなら上位5%(1万位レベル)でも滑り込めます。

原因は、勉強の中身に問題があるからとしか思えないのです。

失敗は、すべて学習に還元する

習得したことは、絶対忘れない

結果重視なら、できる他者に頼み込む

1万時間全力出して、初めて諦める

むしろ、このようなマインドが不足している。これらは意識の問題なので、才能や経験は関係ありません。

でも、大半の凡才たちは結果よりくだらないプライドを優先する。

大半がやらないからこそ、やる人間は成果が出やすいとも言えます。

だから、どうしても掴みたければ、つべこべ言わず無心にやる‼️

一時的に負け犬扱いされるかもしれないけど、数年後に絶対的存在になればいいじゃないですか!

結果出したら精神的余裕は後からついてくるし、他人の目を気にして悩むこと自体がバカらしくなってきますから☝️

崇高な目標を掲げる受験生は

全力で受験少年になってください。

セカイを開くのは誰だ〜?

あなた自身だ‼️

では、以上で終わります!

医学部受験ブログランキング、家庭教師ブログランキングに参加中。ブログ活性化にご協力ポチッとよろしくお願いします🙇‍♂️

>にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村