本気で成績を伸ばすなら、現実から目を逸らすな!人生で最も時間を無駄にする行動3選

受験生の皆さん、こんにちは!

東大蹴り社会人のWATASHIですm(__)m

私のブログでは

入試問題の解答・解説

受験合格に必要なマインド

受験から見える社会問題

について、様々な情報を発信しております📢

今回、受験生にお伝えしたいtips(←知らない人ググりましょう)は…

本気で成績を伸ばし、最高峰に等しい高学歴を得て、それを武器にして人生変えたいなら

人生の時間を無駄にする3大行動をなくせ!

現実から目を背けるな!

ということ。

大人も子供も、大半が「これが常識」と言わんばかりに実行しますが、人生を無駄にする3大行動がコレです👇

生活費のため「だけ」の労働

義務的な通学,授業

将来使わない「受験勉強」

1:他人と環境は変わらない

みんなやってるから

凡人の自分には無理だ

言われなくてもわかってる

医学部合格したいけど、受験勉強嫌だ

不本意に3大無駄行動に陥る人達は、きっとこうぼやくのでしょう。

でもね、言っても無駄でしょ?

真剣に打開策を思考して行動に移さなきゃ、簡単に人生変わるワケないでしょ🤷‍♂️

本気の勝負から逃げていた若き日の自分にも思い切り喝を入れたいのですが…

圧倒的な結果が出ていない段階で「自分には無理だ」と思い、夢から逃避するなどじつにくだらない!

(http://e-village.main.jp/gazou/entry/000056.htmlより引用)

他人や環境は自分の都合の良いように変わってはくれません。自分の意志で変えられるところは積極的に変えましょう!

でも、そうじゃない場合もあります。

国、会社、お偉いさんが一方的に決める決まり事

これが正直ウザイのですが…不可抗力な事象に対しては、相手を知って賢い立ち振る舞いをしましょう。

医学部入試になんで数学があるんだ💢❓

と言われても、「文部科学省がそう決めるから」としか言いようがない。

なんで税金を50%も取るんだ💢

と言われても、「既得権益者がサラリーマンから毟り取ろうと決めるから」としか言いようがない。

こういう自力で変えられないものに対しては、発想の転換をするのがポイントです☝️

例えば

医学部入るのに一見無駄な受験勉強をやらせるとはな。

それなら、医者以外に受験スキルでも稼いでやるか🫡

とか

高校の授業つまらんのに、義務的に往復2時間の通学はだるいな。

それなら、高校を辞退して、結果の出るスゴイ指導者から徹底的に学ぼう!

とか

サラリーマンは固定給のくせに収入の半分税金、嫌だな。

絶対に就職なんかしねー!稼ぎたいし税金減らしたいから、ビジネス全力でやる!

基準ややり方を一方的に決められる分野で圧倒的結果を出そうと思うなら、最大限利益を得る戦略を思考してみましょう🤫

前進しつつも分析を怠らず、より良いやり方があれば柔軟に方向転換。

思考停止のまま突き進むのが一番ダメ。不本意に従うだけでは時間を無駄にします。折角のチャンスが到来しても、他の可能性が見えなくなります。

どうせ強制される分野では、その決まり事を全力で賢く利用してみましょう🫡

働くと発生する税金。税金を減らす策として使う制度が「節税」や「経費」というやつですね。

ちなみに、受験ビジネスを仕事にすると「模試は経費」となります(笑)

2:生活費のため「だけ」の労働

「何のために仕事するの?」と幼稚園児に聞かれたら何て答えますか?

通常はオブラートに包むのでしょうけど、本音を言うと

生活費を稼ぐため

家族を養う責任があるから

ですよね?

(https://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_517.html?m=1より引用)

でも、それ楽しいですか?

固定給、与えられた業務…100%楽しいですか?

労働者として働いて100%満足はないでしょう。理由は簡単。

自分の裁量で動けないから

実力が収入に反映されないから

私は男性なので、特に既婚男性の肩をもつ言い方をしますが…

平日は朝から晩まで労働に拘束され

安定職を親や親戚から押し付けられ

週末は家族サービス

収入増を狙っての企業,転職は叩かれる

何が楽しいんだよ🤷‍♂️❓

これが本心から幸せの形だと思う既婚男性…0ではないんだろうけど、正直妥協している者が大半だと思う。大半の労働者が定年時に疲れ切った顔してるのが何よりの証拠じゃないの?

40年前はまだ良かったけど、今や会社での努力が報酬に反映されない衰退国ニッポン🇯🇵。昭和の家族観を押し付ける専業主婦に拘る女性と高齢者は害悪でしかありません🤥💨

会社からの給料0でも、自分の人生が充実するならしたい仕事をするべきだし、その方が断然楽しいのです。

今の高齢者がバリバリ働いていたのは昭和時代。

あれから平成の30年以上を経て、今や令和4年。日本の経済低迷、ネットの普及、未婚率の増加などにより時代はすっかり変わったんですよ!

とにかく、生活費のためだけの仕事はつまらないし非生産的なものが多数。「その会社でしか」使えないスキルなど報われない現代ニッポン🇯🇵では害悪です。

本章は受験勉強とは直接的な関係はありませんが、受験のステージで周りに流されてソレなりの成績で来た人は、社会人になっても流されますかわ

自分特有の武器にならず、待遇まで悪い仕事なんて時間の無駄です。さっさと切り捨てましょう!

3:義務的な通学,授業

皆さんもご存知のように、日本では小学校6年間+中学校3年間は義務教育です。

ちなみに、高校は義務教育ではありません。最終学歴は大学だし、最強の指導者を付ければわざわざ高校に行く必要などないのですが…皆さん、これが常識とばかりに高校に通学します🚃

まあ、別に行くなとは思わないんですよ。部活やら学校行事を全力でやりたいんなら‼️

でも、「成績をガンガン上げる」とか「超難関大学への進学を考える」際に通学が足枷になることが多々あります。

その最たる例が、鉄緑会ですね!

(https://www.irasutoya.com/2013/10/blog-post_517.html?m=1より引用)

上位進学校の受験生が挙って通う鉄緑会ですが、学校の勉強だけじゃ不十分だと思うから通う(通わせる)訳じゃないですか🥲

ここで、私は思うんです。

東大進学が最優先で、成績ガンガン上げて、東大に効率良く合格したいんならさ…

高校退学して鉄緑会に全振りしてもいいんじゃね?

義務的に通う高校に払う時間とお金が勿体なくないか?

と。

大学受験はペーパーテストの結果が全てだし、あの分量と難度の試験を18〜19歳でコンプリートしようと思うのなら、無駄にしてる時間などありませんよ。

努力型の受験生には、大人と高校の都合に付き合ってる暇などないんです🤷‍♂️

だから、時間の無駄感を感じたら高校を辞めた方が賢いと思うのですm(_ _)m

ここ、公立トップ高生も通っているのかわかりませんが…私立高でも不十分なのに、況んや公立高をや。

まあ、公立の先生の教え方が悪いとかいうの、わからなくもないよ。固定給でカリキュラムに沿った指導をしろなんて言われりゃ、教師側もやる気出る訳ねーだろとなるのも当然だもの🤷‍♂️

ジョブ型雇用を頑なに拒否するから、ますます公立高が落ちぶれるのよ💔

4:将来使わない「受験勉強」

大学受験生に一番お伝えしたかったのがコレだった!!

99.99%の受験生は、合格後、受験スキルを風化させる

そんなの当たり前だろ〜🤷‍♂️

社会に出たら、受験勉強なんてしないんだから。

受験勉強に関与して何か意味があるのか?

それがね…

大ありなんですよ!

社会に搾取される貧乏生活を回避したいなら、大ありなんですよ‼️

貴重な時間を守る役割があり、貴重な金銭を守る役割もあり、高学歴貧困を救うのも受験スキルだと思うからです。

簡単に言うと

高時給教育バイトにありつける

教育費地獄から脱出できる

搾取対象の不勉強な社会人を回避

実際に、世の中の20〜60代の大半の「生産年齢人口」に属する働く人々を見てみてください☝️

教育費と会社の給料に悩まされてる人ばかりじゃないですかっ🥲

これは悪い意味でレールに乗ってしまったからだと思うんですね。

せっかく大企業に入って高収入を得たとしても、頑張っても増えない状態で多額の出費をするようでは本末転倒です。

でも、そうならざるを得ないのは、周りと同じように受験スキルを風化させたからに他なりません!

スキルを維持していたら守れたものを…

私は周りの疲弊する同級生たちを見て、こう酷く痛感するのです。

なので、学歴主義社会(のくせに報われない)ニッポンで1抜けるなら、受験スキルの維持を真剣に考えてほしいのです🫡

ただし、ただの高学歴では効果が薄いです。東京を除き「地元じゃ負け知らず〜🎵」な超高学歴を得る受験スキルが望まれます。

受験をビジネスにしようとするならば、生半可な実力では使い物になりません。

大学受験スキルが身を救う理由については、以前記事化したものがあるので、こちらもご参照ください👇

では、今回の話は以上で終わりますm(__)m

ご購読ありがとうございました!

医学部受験ブログランキング、家庭教師ブログランキングに参加中。ブログ活性化にご協力ポチッとよろしくお願いします🙇‍♂️

>にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村