公立中平均点の凡人が大逆転!!東大理三、京大医学部のA判定は後天的才能だ🤥✊

こんにちは!

東大蹴り社会人のWATASHIです🙇‍♂️

今回は、ブログのHPにもデカデカと掲載している「東大理三、京大医学部のA判定は後天的才能」である点について語ります☝️

受験勉強界の最高峰(東大理Ⅲと京大医学部)は他とは一線を画する難しさがあります。なので、これらのA判定を叩き出すのは、並大抵のことではありません。

ドラゴン桜でも理Ⅲは宇宙人👽だの言われるし、実際の東大模試でも理IのギリAは理ⅢのD底辺に相当するのが現状です。


理I合格者でさえ、理ⅢA判定は無理という方はゴマンといますが、彼らとて私立中高一貫超進学校出身者がほとんどです。

彼らでさえ無理なんだから、いはんや公立中平均の凡人をや🤥

少なくとも、凡人が凡人でいる限りは到達不可能…才能がないと無理なのは紛れもない事実です。

では、凡人には無理なのか?

否、そんなことはありません✋

先天的才能では」無理なのであり、敷かれたレールに乗るだけでは才能のある人達に敵わないと言いたいのです。

では、どうするか?

後天的才能をつけて大逆転!

それも

非常識的な考えと方法で!

ただし、東大理IのD判定すら厳しい95%以上の受験生が1年後には…なんて甘い考えを抱くのは笑止千万です👋

一生懸命取り組むことは前提で、かつ期間は無制限だと覚悟してください。

それは、3年後かもしれないし、5年後,10年後かも?一生無理かもしれない。

それは、どこで自分の経験が才能として花開くかは未知数だから💦それくらい長期で自分を鍛える覚悟は必要です🥲🥲

しかし、東大理IのA判定レベルであれば、LD(Learning disease)でもない限りはマインドチェンジ次第で必ず辿り着けるだろうと踏んでおります👣

1:後天的才能の獲得法

前提として…プライドを捨てることが何より大事ですね。今ある現状を受け入れ、負の感情を払拭しましょう☝️とにかく、心が澱んでいては、本気で牙城を崩す決断力,忍耐力は伴わないし、多少の失敗ですぐに気分が萎えてしまいます。

つまり

実力不足の自分を認めつつ

才能がないなら付けると決意する

行動を起こしましょう🏃‍♂️

努力型の凡人は自発的に動くことで、それなりの優秀者にはなれます。公立中の上1/4にはいけるでしょう。しかし、実は先天的才能がない自分の現状を直視すると、一時的にすごく落ち込むでしょう。でも、それでいいのです☝️

「立ち直れなかったらどうすんだ?」。そこは心配ご無用✋気の済むまで勉強を休めば、失恋と似たようなもので時間が解決します⏰

気分が落ち着いてから、なぜ成果に繋がらないのかを客観的に分析しましょう。

数学の苦手分野を放置してなかったか?

時間不足は計算の遅さが原因か?

読解問題でよくKY発動するのは、コミュ障が原因なのか?

とかですね😗

一番良くないのが、とにかく脅迫感だけで思考停止で多勉すること。

これでは、気持ちは陰鬱なままだし、改善点に焦点が定まらず、結局は高確率で失敗に終わるでしょう🥲

個人個人で、苦手科目も違えば躓きポイントも違います。また、第一志望校のレベル,配点,問題傾向の違いによっても勉強計画は異なります。

つまり、正的感情で自分を客観的に分析し、不足点を抽出したら妥協と言い訳せずに突き進む

ちなみに、妥協・言い訳には「金銭関係」も関係します☝️高確率で結果が出そうだと見込めば、周りが月5万円で大手予備校に通う中、自分は月20万円でも抜群の個別指導に投資せよ!と言うことです。

そして、行動しまくって行き着く先が、「目標は高く持ちつつも、できない自分を認める」「旧帝大レベルの問題を深く分析して、他人にも流暢に説明できる状態にする」ことです。

ここまでいけば、凡人でも、後天的才能を駆使して最高峰の東大(非医)を崩す大逆転を起こすことも、十分可能になってくるでしょう☝️

2:計算力の無敵化

凡人が後天的才能をつけるにあたり、まずトライすべき事項は素質が不要な事項です。

その代表格で、理系で間違いなくアドバンテージになるのが「計算力」です。

試験には制限時間があるし、計算はただの作業である。この2点に着目すれば…計算が正確かつ高速だと明らかに有利なのは自明でしょう🤩

実は、旧帝大理系や国公立医学部のボーダー層では、計算で無双できる者が生き残る確率が高いのですよ🤥

数学・物理・化学・・・普通の全国模試を1回でも本気で受けたことのある受験生ならわかるはずです。全問解くのに、いかに計算処理力が重要かということに!

計算に素質は要りません✋

だって、ただの作業だもんww

暗算の仕方を知ってるか知らないか」と「最悪2〜3年覚悟で継続できるか」だけです‼️

ハイレベル理系が暗算力を絶対つけるべき理由を説いた記事があるので、こちらも参照してください🙇‍♂️

別にめちゃ高いレベルを求めてはいません。暗算1級レベルなんて、確かな指導者の元で、2〜3年覚悟で愚直に継続すれば、いくら不器用な人でも到達できますよ☝️

それに、入試でアドバンテージなのが明確だし、素質が要らないからこそ凡人受験生にとって必須のスキルとも言えるのです☝

ハイレベルな領域に到達しないと真の威力を発揮しないのが難点ですが、このブログを見ている時点でハイレベル理系を目指す人達だと思うので…絶対に得意にしてほしいですね☝️


3:不純?な動機こそ最強!

人間は特に強い目的がなければ、変化することに違和感を覚え、怠惰に流されやすい性質を持ちます。

なので、目的のない長期型の自主行動なんて苦痛でしかありません

勉強はその最たるものでしょう。だって、一般的には、すぐには結果は出ないし、大学受験のための苦行だし、将来仕事で使うイメージも皆無でしょうからね🤥🤥

「結果が出れば楽しくなってくる」は事実ですけど、楽しさを強化するには、やはり強い目的意識が必要ですね☝️

どの大学に入りたいか?

どういう人物になりたいか?

何の仕事をしたいか?

自己実現、他者貢献…「プラス要素に満ちた未来を想像して、頑張ってそれに近づくんだ😳✊」その気持ちが最初は苦痛に感じる勉強に駆り立てる一助となることは間違いないでしょう☝️

でもね…その程度では、狂気的に没頭する状態(ゾーンに入る)に気持ちを高揚させることはできません✋✋

では、どんな目的意識を持つか?ですが

それは…

負のエネルギーを正方向に爆発させる意識‼️

例えば

バカにした奴全員見返してやる!

医者になってチヤホヤされたい!

受験スキルで収益化してやる!

一般社会的には不評な「不純な動機」というものですが、人間にも感情があるので、他人の役に立ちたい以前に自己満も私は必要だと思うのです🤔


凡人街道を歩んできた人は、学校生活等を通して「空気的存在の自分」を嫌というほど痛感したことでしょう。なので、凡人が大逆転を目指すには、これが一番効果的であることは間違いない✊

肩書きや能力が立派でも、自分に不満が一杯の状態だと、いざと言う時に他人を真の意味で助けるのは無理だと思うんですよ🥲

こういう不純な動機を抱く方に対して、私は性格悪いというイメージはありません。むしろ、真面目が故に、不憫な扱いを受けた,実力が至らない自分に多大な不満を抱いており、せめて結果を出して承認されたい気持ちが渦巻いているのだと思います🌀🌀

医学部受験では、医学に興味がないのに受験偏差値が高いことを理由に受ける受験生が非難されがちですが…あれも、本人に何か別の不満があってのことかもしれません。

しかし、こういう方が一度決心して腹括ったらめっちゃ強いと思いますね😄💦

妄想に過剰反応はもちろんあるだろうし、第3者から見たらくだらない悩みに映るでしょう。しかし、本人としては負の体験を経た結果抱いた「非常に価値の大きい目標」なので、何が何でも達成しようとマジモードです✊✊

一種の生存競争とでも言うべきか?

本人としては、負け組や社会的底辺になるのが死ぬほど嫌な訳なので、そりゃ狂気的に没頭するワケですよ😅

精神疾患に罹患しないか心配になるレベルで狂ったように行動するのですが…これね、集中している時は見た目以上にストレス感じていないんですよ(笑)むしろ、集中力を削ぐ行為や余計な干渉をする方がよほどストレスになります。

まあ、この状態になれば・・・結果を出すためなら、誰の指示も聞く耳なしだし、人間関係の断捨離も厭わないですね😗😗


以上より、結論何が言いたいかというと

凡人が大逆転勝利するには

強烈に不純な動機で、クレイジーな行動に出ること

と言えます🤥


私が昨年、東大理Ⅲ,京大医学部初のA判定を取得できたのも、「絶対に受験スキルを何かに応用してやる!」「新しい受験スタイルで事業化してやる!」という常識的に見ると不純な目標があったからでしょう😅😅


両親,先生,友達用

負の感情を爆発させて狂気的に没頭する彼らの扱い方は、だいぶ難しいですよ。忍耐力要ります💧

なんでわかるか?と言うと、中高生の私がその立場だったから(笑)

彼らにとっての禁句は、実力不足を責める言い方です🙅‍♂️成績不振など言われなくても本人は既に理解しています。「なんで勉強してるのに成績が伸びないの?」なんて言おうものなら、思い切り噛みついてきます。

後はね、励ましや応援するにしても、本人の拘りをないがしろにしてはダメ🙅‍♂️彼らは、自分の人生を諦めたくない相当な努力家ですから、自分の価値観や感情を押し付けてはダメ!元気がない時に「何が原因で、悩んでいるのか?そんなに一生懸命になってしまうのか?」を傾聴してあげましょう。



にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村