【理系用】前期東大蹴り、後期北大入学が穴場でおいしい理由を考察する🤔

こんにちは、東大蹴り社会人のWATASHIです m(__)m

私のブログでは

入試問題の解答解説

受験合格に必要なマインド

受験から見える社会問題

今回は

東大に合格してみたいけど、別に東大で何がしたい訳でもない理系現役受験生

かつ

医学部には興味がない受験生

が対象です💡

特に、「東大に挑戦はしたいけど、東大の進振り制度嫌だな〜」と思い悩む受験生には、目から鱗な情報かもしれません👀💦

1浪生でもいいし、蹴る対象が京大でもいいのですが、スマートに今後の人生を展開したいのであれば、やはり現役が望ましいかなと思います😗

読者の皆さんに、自分の潜在意識に問いかけてほしい質問があります。

東大志望のあなたは…

東大に入学したいのか?

東大に合格したいのか?

この答えによって、また不純な動機にも目を向けることによって、何が一番望ましい将来像なのかが明らかとなるでしょう。

心の声とは裏腹に、変なプライドでカッコ付けた解答していると、将来年取った時に後悔しますからね😒💦

経験者は語るw

東大に行く理由が予め固まっていれば、東大入学の方向でOKだと思います。

東大卒の肩書きが欲しい

東大で某分野の研究をしたい

破格の天才に出会いたい

でも、ブランド志向で東大を狙うのなら、行かない方が得策だったりもします(笑)

1:東大蹴りするメリット

以下では、東大に合格したけど入学しない(=蹴る)ことのメリットを述べます。

(https://www.ac-illust.com/main/search_result.php?word=ボールを蹴るより引用)

特に、東大合格が第一目標の受験生には非常に大きなメリットだと思われます😅😅

進振り競争の免除

東大の1〜2年生には、通称「進振り」と呼ばれる進学振り分け精度が存在します。

これが、バラ色の大学生活を送りたい受験生、人生の夏休みを謳歌したい受験生には天敵だったりします😅

行きたい学部に行くには、好き放題学部を選びたいなら、大学1,2年の様々な履修科目でなるべく高得点を取得する必要があります。

受験競争に続く受験競争…特に、理Ⅱから医学部進学を目指す人は大変でしょうね💦

(https://www.google.co.jp/amp/s/www.sankei.com/article/20211220-X6T7KY4R6VJ6NJ7OMLKJTQ5LGU/%3foutputType=ampより引用)

この制度に巻き込まれるデメリットは主に2つ。

受験スキルを発揮する時間がない

コミュ障は点数稼ぎで損をする

東大生の稼ぎ口として一番手取り早いのが、塾講師,家庭教師でしょうね🤫

実は、東大生は受験系バイトでかなり優遇されます。通常の塾バイトだと時給が約1500円のところ、東大生だと約3,000円出ます(理Ⅲだと時給5,000円以上?)。

所詮時給なので、稼ぎの限度はあります。とはいえ、指導力は付くし、学生から貯蓄を作るにはうってつけなのですが…

進振り勉強が大変すぎて受験スキルを活かす時間がないとなると、何とも悲惨😱😱

また、進振り競争は情報戦。「シケプリ」なるものが存在し、試験前には学生間で出回るとの噂ですが、クラスの学生と仲良くなれるほど情報を得やすい(=試験点数も高くなる)。従って、ぼっちになりやすいタイプには非常に不利。

自己肯定感の維持が可能

最高学府の東大には勉強が得意な優秀な人材が集結します。特に、上限は青天井👀💦

ギリギリ合格の浪人生の中には、余裕で現役合格した同級生の実態を知って、自信を失う者も現れるでしょう。

凄い人との遭遇は人生において非常に大事ですが、ここでネガティブになっては今後の人生にとってマイナスに働く可能性大💔

そもそも、進振りに人生注いで、行動の自由と経済力が手に入るのですか??と言うと、断じてNOでしょう🤥

皮肉なことに、世の中ある程度の貯蓄がなければ、デカイ勝負はさせてもらえません…なので、将来金銭面で憂き目を見たくなければ、敢えて東大を蹴って「進振り競争」をボイコットすることも賢い戦略と言えます🚩🚩

(https://www.irasutoya.com/2018/07/blog-post_574.html?m=1より引用)

何よりも、成功体験に自信を持った状態で大学生活を満喫することがやはり大事ですね☝️

「井の中の蛙」だろ〜と思われるのは承知ですが、何事も新しいことに着手して自己資産,収益の観点でデカイ成果を出すには「高い自己肯定感」ってとても大事ですからね。

受験事業の確立

今の日本は30年前に比べると不況。学歴を買われて大企業等に就職しても、激務の割に安月給な未来が待ち受けています。

ほらね👇

となると、受験強者の東大生が真の幸福を得るのにスベキコトは、進振り競争でも就職活動でもありません✋

一刻も早く、突出した受験スキルを利用して収益化を図ること‼️

何をしていいかわからん??

手取り早いのは

ズバリ

塾講師,家庭教師のバイト

受験系の情報発信

この2つを並行で行うことでしょう☝️

時給2000円以上の教育バイトでコツコツ貯蓄しながら、受験系の情報発信を経て自分のブランドも確立する。

情報配信では、予備校関係者,他の大学生の配信内容と差別化したものがよいでしょう。自分ならではの受験関連情報を提供するのがコツです☝️

最終的には、自分のオリジナル商品を販売し、雇われずに生徒さんに徹底指導できると理想ですね!雇われると収益の多くを社長(経営者)に持っていかれるのが社会のシステムなので、ぜひ個人社長になってほしいのです💡

ここで「東大合格歴」があるとデカイです!受験の世界は、就活と違って、東大卒も東大合格も同じです(笑)何をするにも、誰もが知るデカイ実績があると有利ですからね😳😳

何より、東大以外の旧帝大…1,2年次は基本ヒマなので、20代以降の行動と選択の自由を取得したいのであれば、やはり収益化は大事💰💰

2:なぜ、後期入学を薦めるの?

東大の合格実績と自由の多い大学生活を望む受験生には、迷わず「後期入学」を提案します👍

なぜか?

結論を言うと

東大に後期試験がないから

これが決定的な理由ですね‼️

前期で落ちると、後期は東大を受けれません。でも、現役で大学行きたいとなると、まあ私立か後期入学可能な国公立に行くしかありません。

純浪でもいいのですが、やはり仮進路を確保した方がメンタル的にも気楽だし、他大学(特に国公立)在学中でも東大蹴りは計画できますからね🚩

実際は、2015年まで東大にも後期入試が存在していたのですが、今は存在しません。京大,阪大も然り!

早稲田,慶応などの私立トップ大学はダメなの?と言われると、そんなことはありません。社会人になってからも高収入率高いですし。

ただし、「家庭がそこそこ裕福である」という条件があります☝️

なぜなら、裕福でないと被るデメリットがあるからですよ🥵

奨学金

(https://www.irasutoya.com/2015/09/blog-post_6.html?m=1より引用)

要は、国からの借金ですよ💸

これを抱えると、将来トンデモナイ不自由を強いられてしまいます。

国公立4年間の学費は約250万円。それに対して、私立4年間は500万円以上。

国公立大学なら奨学金の悪夢を回避できたものを…と後悔しないためにも、奨学金の借用が必要なのなら、後期入学一択。絶対に私立は避けましょう‼️

3:後期学科試験の有名大は?

では、後期どこがオススメなの?

と言うと…

受験科目が英数理のみからなる大学,学部

これ穴場ですね!

少なくとも、前期東大理系をガチで狙う層でしたら、医学部以外の後期入試は楽勝です。

(今回は医学部志望者を除きますので、千葉医や山梨医は対象外)

逆に、面接,小論文とかいう不確定要素満載な入試は、東大理系を狙えるくらい英数理を鍛え上げた受験生こそ回避すべきだと思います😏

ちなみに、一流大学(旧帝大)でかつ数学,理科で受験できる穴場の大学が

北海道大学

(https://aoaoi.jp/preparation/hokudai-2/より引用)

最高学歴もゲットし、世間に名の通った学歴もゲットする、しかも低出費。

そんな理想的な進路が

前期東大蹴り、後期北大入学

なのです。今後の人生の自由度から見ても、相当な穴場です。そもそも、前期で東大蹴れる学力があれば、北大後期は何も心配要りません✋

普段通りに解けば余裕です。

続いて、入学後の話に移ります。

北大1,2年のカリキュラムはよくわかりませんが、東大の1,2年より全然楽なのは間違いないでしょう☝️

つまり、多くの時間が浮くので、(北大生ゆえ)多少高額な受験バイトと受験事業に勤しむ時間も作れます。さらに、東大蹴りの称号を併せ持つことで、他の北大生とも差別化できます‼️

また、北海道は自然のグルメが豊富、夏は過ごしやすく、冬はウィンタースポーツも盛んです。パウダースノーめちゃめちゃ快適ですよ⛄️

本州以南では経験できないことを多く経験できるという意味でも、北海道大学への進学は魅力的ではないでしょうか😗❓

以上、「前期東大蹴り、後期北大入学がおいしい理由」を語りました。

医学部受験ブログランキング、家庭教師ブログランキングに参加中🚩

ブログの繁栄にご協力ポチッとよろしくお願いします🙇‍♂️

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

にほんブログ村 教育ブログ 家庭教師へ
にほんブログ村