2021年阪大英語第4問

第4問は和文英訳。今回はさほど難解なのはない印象。ただ、英語の問題なのに他科目
の教養が役立つ問題
がありました。さて、それはどこでしょうか?探してみてください。
なお、文学者のみ対象の(イ)は省いてます✋




(A)
・「The 比較級~,the 比較級・・・」を使ってくれとでもいいたい表現ですね😂
 ・「それによって」はtherebyか「,which~(そしてそのことが~)」を使う。
 ・ 視野を広げる=broaden one’s horizonは有名。
 ・ 刺激する= stiumulate,spark

<解答例>

  The more I learn,the more clearly I understand what I haven’t done before,which
results in broadening my horizon. Encouraging unfamiliar or new things sparked my
curiosity to learn more.

(B)(ロ)

 ・「~にしろ,~であれ」は「Whether it is~」を使って書ける。
・ unless=~しない限りは、~である場合を除いて

 ・「~するに値しない」=worth ~ing
・「説得する」はpersuade O to Vの他にtalk~into Vingも使える。
・ 翻意→「(その人の)意見を翻(ひるがえ)す」→change one’s opinion
  英語以前に漢字の意味が問われてました😅文脈からも推測可能だけど、漢字を知ってた方が
  断然有利でしたね。

<解答例>

  Whether it is freedom of expression,public welfare or democracy,unless you can explain in your own words how valuable they are,you cannot persuade those who claim that they are not worth protecting to change their beliefs.

【講評】
両者とも解釈が困難な箇所はなかった印象。強いて言うなら「翻意」か。
英語の問題なのに漢字の教養がkeyになるとはな・・・これは面白い発見でした😂

阪大英語の勉強にこれは有用だと思います👇
京大の英語も高評価でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました