2021年東大国語第3問

今年の漢文もメッセージ性の強い内容が扱われてます。
有名な句を正しく理解しているか」「漢字の意味を文脈や具体例から正しく推測できるか
を問う良問でした😉🎵





【内容】
何らかの目的で政策を実施しても、努力・行動の効果が出るのはだいぶ先になるのが常だ。
だから、短期的に成果が出ず人民の支持が得られずとも過剰に凹む必要はない。
果報は寝て待て」とでも言いたい内容ですね~🎵

(1)
(a) 「~する所となる」は受身。無勉でなければわかる基本事項。
  (答) 上位の者に信頼されて

(c) 弊害に満足してしまっているからこそ生じる感情であると読み取る。
う~ん、まるで「貧すれば鈍する」「学習性無能感」に近い状況ですな🧐
於」は置き字だが、比較の意味をもつことが多いので、「此れ(=現状)より
  便利(=都合がよい)ことはない」と解釈する。
   (答) 現状よりよい状況はない。

(d) ・矯を使う熟語の具体例を考える!一番有名なのは「矯正」だよね。
   「歯の矯正」は歯を正しい配列に並べること・・から推測し「矯」=正すと解釈。

  ・「欲」は「~せんと欲す」と訳す。「~しようとする」と「~しそうだ」の2通りの意味
    があるけど、動作主の意志が伴う場合は「~しようとする」主語が物だったり意志が
    伴わない場合は「~しそうだ」
を当てるとよい。

   (答) 悪政を正そうとすれば

(2)前2文の言い換えと捉えるのは容易。
  (答) 一時的に効果をあげるより、子孫にまで成果を残すのがよい。

(3)現代語でも「服する」は、他人や規則に従うという意味で使う(服役など)。
   ここでは、民が政策に服従すること。すると、「効果が表れていないから従いません」
   という文脈が見える。

  (答) 目先の効果が表れない政策を、自身を信頼しない民に実施しても支持は得られない、
      ということ。




鉄緑会出版の古典の過去問です。高価ですが、中身はスバラシイ😎






コメント

タイトルとURLをコピーしました