2021年京大理系数学第5問

第5問は幾何と平面座標な感じの問題でした。
(1)は楽勝でしょう。外心が何かわかってれば楽勝。逆に、言葉の意味が不明だと0点ですね。
言葉の意味で落とすのは非常に勿体ないので、頻出用語で曖昧なものは必ず潰しましょう!
(2)の垂心は外心以上に認識が曖昧だった人がいそうです。






(1)

上記の解答は「さらにOは線分BCの垂直二等分線上にあるので」が抜けてました。


(2)
垂心ときましたか・・・・垂心は外心以上に意味が曖昧な人多いんじゃないでしょうか?


【講評】
まず外心と垂心の意味が曖昧だった人は言葉の復習から。(2)は点Aから直線BC(=x軸)に
下ろした垂線上に垂心があることに着目
して、Aのx座標と垂心のx座標が一致することを
見出す!


引き続き、関西の夏の飲み物として定番の「冷やしあめ」載せておきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました