2021年九大英語第2問


第2問はGoogleの戦略についての話題です。2002年頃に大躍進を遂げたGoogle社、画期的な戦略を打ち立てた模様です。特に第4,5段落は広告を用いたビジネス拡大を狙った内容が書かれていますが・・これはいわゆるネットビジネスというやつでしょうか🙄❓

ビジネス系の話題は受験生には疎いかも💦
しかし、将来的に企業やネットビジネスを考えている人には興味深い内容でしょう。

Q1
repeatingがあるので「反復」「繰り返し」の意味を出す必要がある。「学習」の内容はdataを使ってresultsをimproveすること、「拡大」の内容は検索利用者を増やすことと考えると辻褄が合う。

(答)
Google社が、利用者の検索から得たデータを用いて検索結果の質を向上させ、利用者に新たなサービスを追加し、より多くの利用者を惹きつけるという学習と拡大を繰り返すこと。


Q2
下線部(2)の直後に、新たな手法の記述があり、ここを解答に入れるが、それだけでは不十分。その手法でどんな結果が出たかの記述まで書くこと。

 
(答)
収穫したデータを用いて、ユーザーの人物像を特徴や興味に応じて分析することができ、企業がどの特定の個人に広告を出すべきか決めることを可能にしたということ。


Q3
下線部(3)直後のG mail,Google maps,You tubeとかがunrelated servicesの具体例なのはすぐにわかる。それが`ways of expanding~office`となっているので、ways of以下を説明すればよい。

(答)
一見関連のなさそうな数々のサービスを提供することで、Google社が利用者の個人情報をオンライン、オフライン関係なく入手する経路を拡大している、ということ。


Q4
完璧な答案を書くのは難しいので、scope(空想→現実への視点シフト)とdepth(個人の生活に着目
して個性についてのデータを蓄積する)の内容を押さえ、その結果、どんな利益を出したかまで書け
れば十分である。

(答)
空想世界から現実世界へと監視を広げ、個人の性格や興味といったデータを蓄積することで検索の質を向上させ、膨大なデータから人々の行動予測を捉え、広告の鍵となった以外にも、保険契約、雇用決定、政治活動といった目的に対しても有益なものとなった。



【講評】
話の方向性はわかりやすいが、ビジネスの背景知識が全くないと細かい理解は難しい印象でした・・・将来自力で稼ぐためには必要不可欠なので、これを機に少しずつ勉強してみては?


医学部受験ブログに参加中です。ブログ活性化にご協力よろしくお願いしますm(__)m

にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村

にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました