第1回東大オープン(感想,自己採点)

こんにちは!7/24〜25の間、東大オープンを受験したので、成果報告させていただきます🙇‍♂️未実施の地域もあるので、今は詳細を控えますが、簡単に出来栄えを書きます。では、いきましょう♪


【1日目】
1日目は昼から国語と数学でした。国語は古漢で大きな読み外しをしないか、数学は難問以外取り切れるかを意識して挑みました✊

(国語)
時間的余裕のある国語は完全に学力勝負なので、先に古文漢文を片付けて残り現代文。20分以上余りました。古文は現代語訳と説明問題でしたが、1問を除きほぼ解答通り答えられました✌️漢文も1箇所を除きほぼ解答通り、どや✌️現代文の記述はあまり得点を期待できませんが…古漢漢で35点取れたかな?て感じなんで、自己採43〜50。


(数学)
数学もほぼ学力勝負かな。計算は速い方がいいけど、解法すぐ思いつくレベルなら時間的には余裕(英語理科よりは断然マシ!)。開始直後に全問目を通して前から順番に。解けるとこまで解いて詰まったら飛ばすスタイルで、4完半半かなってとこ。採点の結果、解いた部分は全問正解!部分点の匙加減によるけど、90はあるって感じ。自己採90〜95。

【2日目】
(理科)
典型問題は解ける前提で、計算スピード、正確な状況把握力、適切な取捨選択力が得点に直結する印象です。

今回は、化学→物理の順に解きました。なぜ化学が先かというと、個人的に、焦りで落としやすいのが化学、難易差がわかりやすいのが物理と考えたからです。しかし、この作戦は失敗に終わりました😱理科は詰まって考え込むと余裕で時間が足りなくなります、要注意!

化学の状況把握に何ヶ所か悩んでしまい時間を大量に消費したせいで、化学が中途半端なまま物理を急ぎめに処理する羽目になりました💦物理では設定の誤解が原因でバグが生じ、化学でも余計な失点が重なり、合計70点強です。決して簡単ではないけど、よく復習するとそんなに難しくないかも・・・得意意識があった科目なのに、些細な勘違いが重なって確実に足を引っ張たのがすごい悔しいですね・・・物理も焦るとダメやな。実戦では今まで通り、物理→化学の順で解く!

(英語)
理科で稼げなかった自覚があったので、絶対筆記で焦らないために、強気にもリスニングの先読みを削りました✊リスニングは苦手で20/30あれば上出来と思ってたので、捨てるのに抵抗はなかったです。しかし、これが功を奏しました💡苦手なリスニングは-14でしたが許容範囲。他は1Bが-2、文法が-2、長文-3かな。残り英作22点分でどこまで削られるか…ってとこです。昔は英語50点台とかザラでしたが、常識的感覚と国語力を磨いた結果かなり成長したようで、英語が一番嬉しかったですね👏そして、今の限界値は95程度というのもわかりました。今後100狙うとなると、やはりリスニングが障害ですね💦

結局、自己採点はこんな感じ👇になりました。
国語:43〜50
数学:90〜95
理科:70〜73
英語:90〜95
合計:293〜313

数学は微妙に易しい感じで、理科は絶対難だと思うので、理三のボーダーはA280,B260は超えてこないと踏んでます。どうか冠模試で初のA判定をください🙏なお、掲載拒否で出しました🙄


医学部受験ブログに参加中です。ブログ活性化にご協力よろしくお願いしますm(__)m



にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ
にほんブログ村 にほんブログ村 受験ブログへ
にほんブログ村 模試後に書店で立ち読み。なかなか興味深い本でした👇

コメント

タイトルとURLをコピーしました