1:大学受験生の皆さんへ

受験生の皆さん、こんにちは!

東大蹴り社会人のWATASHIですm(__)m

大学受験に向けて、日々勉強に勤しむ高校生,浪人生も多くいることだろうと思います。

そして、勉強を頑張る過程でたくさんの悩み事も湧いて出てくることでしょう。

成績が思うように伸びない

今の勉強法で正しいのか?

やはり、受験は才能なのか?

最初にお伝えしておくことがあります。

大学受験はかなり厳しい!

一般的に、進路,人生を決める大事なイベント(とされている)なので、受験生も両親も本気モード🔥🔥

なので、「高3から本気出せばいい」とか「勉強していないとか論外です。

では、「必死に努力したら報われるのか?」と言うと、当初の希望が報われる受験生は10%程度でしょうか。

ガリ勉で無難な学力,無難な学歴を得ることはできますが…これでは、凡才受験生は皮肉にも最難関大学の壁に弾かれてしまいます

それくらい厳しい世界です💔

私には痛いほどわかります。なぜなら、自身がガリ勉にガリ勉を重ねても、東大の壁に5回も弾かれたから!

それでも、自分の人生に本気で挑戦したいのであれば、果敢に最難関大学に挑んでほしいと私は思います。

主な理由は3つに凝縮されます👇

若くして、負け犬根性を覚えない

社会的不利益を被らない

圧倒的成功で自信爆上げ

一番望ましい成功は「現役合格」でしょう。しかし、不合格でも挑戦して何かを得たなら、それは小さな成功💡

リスク覚悟で挑んだ者だけが、本当の厳しさと本当の達成感を味わうのです!

2:体験談 , 勝ちルートの発見

難関大学受験の厳しさは、私も十分理解しております。というのも、私自身に東京大学理科I類に5回もの不合格歴がありますので💨💨


ガリ勉では公立中学3~5位が限界。負けず嫌いの必死のガリ勉でも大阪大学で5分5分の成績。全国の超優等生が集結する東大受験には全く歯が立たず…合計、東大理Ⅰに5回不合格。

「やはり才能なのか?」と東大受験を諦めて、仕事,趣味,興味ある分野…受験以外にできることを無心で取り組みました。

すると、ある時突然「勝ちルート」が見えたのです👀

そして、6回目の東大受験(10浪相当)ではほぼ合格者平均点の点数で合格しました!

秘策は

受験合格マインド

受験のための勉強をやめる

の2点にありました💡

他を犠牲にして受験合格に固執することは、競技性の強い難関大受験では逆効果

つまり

無趣味のガリ勉は落ちやすい!

大学受験を越えた広い視野で、一種の娯楽感覚で受験勉強を楽しむ姿勢が大事。

これが、凡人受験生が東大・京大・旧帝医の壁を突破する秘訣だと確信しました🧐

3:放置するデメリット

圧倒的成功を狙うならば、長期戦を覚悟で、問題点に愚直に向き合い熟考することが大事です☝️

勉強しているつもりなんだけど、なぜか成績が伸びない。

そんな時こそ

もっと勉強しなきゃと、ガリ勉

してはいけません🙅‍♂️

「ガリ勉」はむしろ甘え。自身の欠点に目を瞑り勉強量で言い訳する行為に等しいです。

入試はペーパーテストの結果が全てですからね。「結果が出なければ意味がない」と肝に銘じて、どうすれば結果が出るのかを常に自問自答する姿勢が望ましいですね😳✊

むしろ、勉強を一時中断して、自身の非効率な勉強法を必死で見直す必要があります👀

洗い出せば、いくつもの問題点が挙がるはず!!

目を背けたい部分、面倒くさい部分にこそ成長の鍵が眠っているものです🔑

私は、受験生に東大・京大・旧帝医並の壁を撃破することを強く勧めます!

受験勉強は難関大入学の手段だけではありません✋

日本社会はナンダカンダ学歴主義な風潮が色濃く残ります。なので、大学受験で圧倒的な結果を残せば大学以降も非常に有利な立場に立てます‼️

逆に、中途半端な学力に終わると、大学以降の将来に思い切り悪影響が出ます😱

何に困るのかというと、収入面です。

高収入3大資格(医師国家試験,司法試験,公認会計士試験)の取得、高額の受験指導、受験副業で稼ぐ、教育費貧乏の脱却…

これらの恩恵を独占するのは、受験強者です。東大生(卒)、医学部生(卒)、阪大卒英検1級など。

中途半端な学力(学歴)では、教育事業で彼らに対抗できずに終わるし、将来子供が難関大を志望した際に教育費が嫌でも発生してします。

資本主義社会では、金銭的余裕がないと選択肢が思い切り限られてしまうのも事実。


詳細は後述しますが、大学受験を武器に副業,ビジネスをする際にも、やはり最強の学歴がないと不利です。

だって、実際の学力,指導力が全く同じでも、東大卒と高卒だったら、多くの受験生が最初は「東大卒」を選んでしまうでしょ?


妥協した人生に終わらないためにも、やはり最強の受験スキル(+学歴)を獲得してほしいのです😳✊


4:目標到達地点は?

私の考える目標地点は、ただ東大・京大等の最難関大学に合格させることではありません✋

学歴取得は当然として、むしろ…

前向きなマインドチェンジ、社会人以降に抱くであろう様々な悩みを自己解決してもらうことにあります‼️


端的に言うと

受験ビジネスの確立

教育費地獄からの脱出


ちなみに、受験学力の理想値はここです👇



いや、無理だろ??

そう思うのも無理はありません💦


いくら受験の素質がなかった私とはいえ、10年以上費やしてやっと出した結果。

さすがに、現役,1浪での東大理Ⅲ,京大医学部A判定は厳しすぎます。

なので、もう少し緩めで全然OK🙆‍♂️

そもそも、私の真の目的は

受験スキルを利用した賢い貯蓄術

を多くの受験生にマスターしてもらうことです。

もっと言えば、最強学歴を得た人が報われる人生、将来社会に左右されない人生を歩んでほしいのです🙏



とはいえ、上記の目的を本気で果たすには、大半の高学歴者と差別化は必須!!

なので、目標最低ラインは

東大理Ⅱ:B判定

京大工学部:A判定

程度になります。

どの程度の頭が必要なのか、詳しく言うと…

地方公立トップ高校で10位以内

灘や開成では学年平均レベル

それでも、レベルが高すぎる!!

勿論承知で言っていますが、やはり受験を武器にデカイ成果を出すには、このへんは本気で狙ってほしいのです☝️

でも、甘い話は決してしません。


時間の超効率化を常に追求し、成功ルートを信じて3年覚悟で完遂してください!!



勉強法とか才能以前に、最重要で実践が難しいのが

ガチの継続力

甘い幻想を捨てる

です。

実際、大半の受験生は成功像が見えないまま継続が苦痛になり、自ら挫折していきます。甘い話に流されても結局成果が出ない。そして、当然のように第一志望に落ちる(or 妥協する)。


なので、「成功を修めた仲間(指導者)を付けて、しつこく継続、しつこく自問自答」する行動力が最も必要とされます。凡才の自覚がある者が、本気で圧倒的成功を掴みにいくとなると、当然暇な時間などありません。


課題が見えてくるにつれ、あまりの時間のなさに発狂しそうになるでしょう。でも、それでいいのです。


やることが次々と明確になる、実力不足を痛感する・・・それは確実に成長している証拠です🚩🚩



愚直に実行していただければ、2~3年後には

東大理Ⅱ:B判定

京大工学部:A判定

を実現することも夢ではないでしょう。否、必然的に達成できるかもしれません。


では、後述で圧倒的成功の可能性を上げる勉強法を紹介します!!

5:受験で圧倒的成功を得る方法

理系受験生を対象としますが、高校生のみならず、中学生,浪人生,再受験生も対象範囲です。


また、目標は「東大理ⅡB判定、京大工学部A判定」レベル。このへんの学力に上げるのが最終目標(最低ライン)なので、志望校は大阪大学や地方国立医学部でも全然OKです。


最初からそこを見据えた、3年覚悟の勉強プランになります。

とはいえ、「どうしても東大(京大)!!」と熱望する受験生もいるでしょうけど、あまりに実力が不足している場合、+1浪覚悟の受験コースになる可能性も十分あります。

それは、必死に勉強してもすぐには結果に繋がらないから。試験の点数に反映されるには、数ヶ月単位の時間を要するからです💦💦夏休みの猛勉強の成果が、11月頃に現れてくるような感じですね🤔




では、どんな勉強法があるのか??

段階的に紹介します👀

【1:初期段階

最初にスベキコトは、東大,京大理系受験の合格ルートを把握し、大学受験スキルをいかに運用するかまで考えること。

つまり

大学受験は希望大学に入るためだけの手段ではない

使い方次第では、受験後の人生を有利に運用できる

と捉えることで、遠い将来のビジョンまで明確となり、勉強のやる気を爆発的に上げることができます🔥🔥

受験勉強が生むメリットとさぼるデメリットが明確になることで、さらに勉強の本気度が上がるでしょう。


「各科目の勉強手順」「合格までの道のり」は当然のこと、「建設的なマインド(思考法)」や「将来に繋がる受験勉強の利点」の領域まで踏み込んで把握することが大事です!!

最強レベルの大学受験能力がいかに莫大な効果を発揮するか、について詳しく知りたい方は以下記事を参照👇




【2:解答・解説記事を用いた演習

私は、理系受験生を対象に、全4科目(英語,数学,物理,化学)の解答・解説記事を出しています💡

共通テスト、旧帝大7校、各種模擬試験の問題を中心に公開しておりますが、2023年も当然公開予定ですm(__)m

実は、以前から「予備校講師や現役東大生の解説はどうも腑に落ちない」「自分の知りたいポイントはそこじゃない」と思っていました🧐

つまり、私のような公立中平均,不器用,大器晩成型のタイプには、エリート街道を突き進んだ講師の解説は合わなかったのです。躓きポイントが違うんだと思います💨💨

そこで、中高一貫超進学校や予備校のエリート集団にいなくとも、飛躍的な成績上昇を狙えないかと思い付いた入試解説書を作成してみました。

なお、本ブログ解説記事のウリは

受験生目線で解説

問題ごと難易度評価

解法への過程を具体化

完全答案より合格戦略重視

の4点!

曖昧な表現に逃げない、所々感情を込めたコメントをする等…大手予備校の問題解説とは異色なものとなっていると思います。

未出ではありますが、いずれ各科目別に「盤石な基礎力を養成する勉強法」も公開したいと思います。

以下、サンプルです👇

(共通テスト)

(旧帝大)

(模試問題)

全国模試,大学別模試については、市販で非販売の問題を扱う関係で有料設定としておりますm(_ _)m





【3:受験相談

成功者からノウハウを仕入れても、実践しなければ当然成果は出ません!

とはいえ、知識を得て実践しても誤った自己流で突き進むと成果に繋がらない可能性があります。そこで大事なのが「守破離」の精神です☝️

つまり

偏差値70(上位2.3%)に到達するまでは、成功者の辿った道筋を真似して適宜指導受けしてみる

ことを真剣に薦めます‼️

受験者の現状把握をし、志望大学(学部)とのギャップを埋める指導をし、永続的に受験で稼ぐノウハウ提供するつもりです💡

先に<指導料>を提示しておきます👍

指導料

初回30分相談 ⇨ 無料

有料記事購入⇨相談3日無料

1ヶ月⇨ 7万円(※)

3ヶ月⇨ 20万円(※)

6ヶ月⇨ 30万円(※)

(※) 各コース先着5名を7割引、次着の5名を5割引とします。以降は通常料金。

担当科目

英語数学物理化学
合格マインド(New)
受験で稼ぐ,節約する極意(New)



今の時代、非常識な行動する者だけが人生に勝つ!?

(先に行動する者が勝つ ドラゴン桜 – Bing imagesより引用)


詳しい相談依頼は、私のtwitterにDM(直接メール)頂ければ対応します。何なら対面で事前直接相談も可とします。関西地区(近傍)なら日程を合わせやすいですが、遠方の場合は日程調整が必要です(移動費は依頼者負担)。

ハイレベル理系大学受験講座 (@WKHXxssH7HnojrZ) / Twitter



ここでは、東大蹴り社会人のWATASHIが該当者ですが…一番の売りは

受験能力を大学合格までの手段にしない

こと。

ここで、他の教育産業と決定的に差別化しております✋✋

世間の学校や塾はほぼ100%「大学合格までの受験指導」をします。当たり前ですが、今の時代その当たり前が受験生を将来不幸にしうるのです。

悪く言うと、一流大学合格後の受験生の事情まで考えていないのです。



なんで??

それは、我が国の社会システムに問題があるから。大学受験の世界と労働者の世界では評価基準が全く異なるから、高学歴が将来報われない事態が多発するのです。

じゃあ、最初から義務教育,大学受験させんなよ💢」と言いたい気持ちは山々ですが、我が国で劣悪な待遇を受けたくなければ、国と社会のルールにある程度従って「あげる」ことも必要なのです💦💦

悲しき哉、低収入,貯金ゼロでは挑戦の舞台にすら立たせてもらえないのが資本主義社会なんで・・・将来の可能性を狭めないためにも一流大学を崩せる受験スキルは必要です。



詳細は以下記事をご御参照ください。



公開記事をいくつか見ていただければ、東大蹴り社会人WATASHIがどんな考え方の持ち主か見当がつくと思いますが

努力(才能)で得た高水準の大学受験スキルを使うことなく、固定給,長時間勤務の労働者40年で人生を無駄にしてほしくない

これが、私の受験指導最大の目的と言ってもよいでしょう☝️☝️



最後に、再度連絡先(twitter)のリンクを貼っておきます👇

ハイレベル理系大学受験講座 (@WKHXxssH7HnojrZ) / Twitter